2010年3月13日土曜日

(500)Days of Summer



タワーレコード梅田店にて。
なんというありがたい試聴機&ポップ!






上2枚は南堀江FLAKE RECORDSにて。
今回は2公演ともルーファス、ウエダさんと一緒に回りました。
毎度お馴染みGOD ONLY KNOWS笑





ここからは3月6日 京都木屋町アヴァンギルド。
イベント、”盆地同盟 ”にて。









なんだか内輪な写真ばかりになっていますが、この日はカッコいいバンドばかりで緊張したなー笑
でもお客さんはすごく良いイベントだったと喜んでくれていたので万事OKという事で。
と言いつつ今から猛練習しようと思います笑
お誘いいただき、リッキーさんにも感謝です。ありがとうございました。







よーちゃんも書いているけど、梅田ハードレインからダブルインストアまでの流れは本当に強烈だった笑
カルマセーキのイベントは出演者同士もお客さんも距離がとても近くて、終始リラックスでライブも打ち上げもいさせてもらったし、土井コマキさんとの共演は、緊張しながらもアルバムやバンド結成時の思い出話なんかもたくさん聞いて下さり、色々な意味で貴重な時間を過ごさせていただきました。

このあと僕は機材の関係上、大阪から京都に始発で帰り、そしてまた大阪に向かうというように、ほぼ不眠で往復。
案の定後半のフレークレコーズで完全に力尽き、リハ直前まで店主ワダさんの優しいお言葉に甘えて、お店の床にぶっ倒れておりました笑

そんな限界ギリギリのインストアライブは、楽しんでいただけたのでしょうか?
僕自身は最後に飛び出した無茶なリクエストにハラハラしながらも、いつものように楽しく演奏させていただきました。
どちらのお店でも試聴機にポップに熱い激プッシュの言葉を添えていただき、&お客さんにはあんなユルユルのライブを見せてしまいましたが、最後まで立ち止まって見ていて下さりとても嬉しかったです。

充実した2日間をありがとうございました。



一番下の画像は先日見に行った映画、(500)Days of Summerがとても面白かったのでのっけてみました。
オーシャンズを見に行く予定が、ダラダラしてたら時間を過ぎてしまい、まぁいいかと軽い気持ちで行ってみたのですが、写真左の男性の共感を呼ぶ表情豊かな演技や、彼が恋に落ちるエレベーターでの場面がとてもロマンチックで引き込まれ、あと恋愛中の浮き沈みの激しさが、ダンスやCGを使って面白おかしく表現されているのも逆にリアルで笑えて、終盤に差し掛かった頃にはすっかり感情移入してしまい、ヒロインの行動に理解ができないと、静まり返った劇場で気づけば大きなため息をついていました笑

後日、挿入されている音楽がかっこよかったので、サントラを買ったらビックリ!
ヒロイン役の女性はShe&Himのヴォーカル、ズーイー・デシャネルだったんですね。
なんだかとてもラッキーな気分です。
音楽がカッコいい映画は良いですよね。
恋愛映画はあんまり見ないけど、エターナル・サンシャインは好き!なんていうかたにもお勧めです◎


さてさて次回ライブは京都メトロ。
翌日は京都駅ビルにて、αステーションの公開生ラジオに出演します。
またもオールナイトからのアコースティックライブになるかもしれません笑
二度目ともなれば、何か新しい世界が開けるかも笑
こうご期待!





タムラナツキ

0 件のコメント:

コメントを投稿