2010年7月9日金曜日

No Helium

どうもどうもこんばんはたにです。
今日ライヴに来てくれはった人も働いていた人も皆、お疲れさまでしたー。

今日は南波志帆"「ごめんね、私。」リリース・プチ・ツアー『FANTASIC PARADE』"
ということで京都メトロにてライヴでした。
ライヴはまぁいつもの通り、ぼけーっと、おらおらと演奏してたのですが、
今日は2曲目のギターソロで、
あれ?今日ギターソロのフレーズちゃうなぁ。
おぉっ!テンション上がってんのか!?とわくわくしながらギターを見たら、

なんか、弦がびよーーーんしてました。
き、切れとる、弦。

ということで、まさかのギターの弦が切れるというアクシデントにて急遽ご歓談タイムに。
僕のヒヤヒヤッ!MCタイムになりました。

まぁこんなことはちょこちょこあるんですが、やっぱりいざ切れてるのを演奏中に見るとなんでか笑えてしまいます。
おぉ!頑張れ!と何となく心が熱くなりますが、
その反面、あーっどうしよっかなー。とも思います。

まぁまぁそれは置いといて、とりあえずの所無事ライヴは終わりました。
心残りだったのは「京都ぉぉぉぉぉ!」っていうだけで盛り上げるというTurntable Filmsの夢をモーモールルギャバンに先にやられてしまったという所と、南波志帆ちゃんのリハが見れなかったってことです。
そういえばもーモールルギャバンがずっと京都を拠点にしたかった!みたいな事MCで言うてたけど、
京都の人じゃなかったっけ?け??
まぁどうでもいいや。

とりあえず南波志帆ちゃんかわいかった。
17歳て!高校の同じクラスとかにあんな子が居たらアイドルですね多分。
好きになってたと思います。
ていうかあんなガーリーな声を出す女の子を生で初めて見ました。
ほんまにあんなかわいい声の女の子って世の中にいるんですねー。
なんでか分からないけど昔、小学生か中学生の時は、ああいうガーリーな声の人は皆ヘリウム飲んでるんやと勝手に思ってました。

まぁまぁ、そんなこんなで今日のライヴは無事終わりましたとさ。。。

ということで次のライヴはこれ、

★07/09 (fri)
Subtle Control (井上陽介)ソロライブ
@livehouse nano
■open 18:30 / start 19:00
■adv ¥1,500 / door ¥1,800 (ドリンク代別)

BLAKHATZ(Australia) / 井上陽介(Turntable Films) / que. / 白波多カミンwith Daisuke Yasuda
●お問い合わせ
livehouse nano:075-254-1930

問い合わせはこちら↓
turntablefilms@gmail.com

明日ようちゃんの出番は九時くらいかららしいです。のでので仕事終わってからにでも、どうぞー。
多分僕も行きます。当日多分タンテメンバー皆居ます笑

と、いうわけでおやすみなさいませ。
ごきげんよう。

0 件のコメント:

コメントを投稿