2011年11月11日金曜日

Misunderstood

皆さんこんばんは谷です。
今日はこちらです。

暗黒神話 / 諸星大二郎

来ましたね、ぼくらの諸星先生です。

元々西遊妖猿伝とかでしか知らなかったんですが、
ひょんなきっかけで今年のマイブームです。
最初は、この人の漫画は超おもろいけど濃いなー、 そして字多いなー、って印象なだけだったんですが、 やっぱり諸星大二郎ってやっぱり超大人気なんですね。

100,000tのカジさん曰く、 諸星大二郎は、

「みんな漏れ無く好き」 らしいです。

ていうか常識?

ていうか好きじゃない奴はどうかしてるくらいのテンションでした。

流行から完全に外れているくらいの勢いでした。

君ほんまにあの、セカンド☆ロイヤルに所属してるバンドの人!?みたいな。

…いや、おかしい。 だって僕今まで生きてきて、好きな漫画家にあえて、
「諸星大二郎」上げる奴2人くらいしか出会ったことないしな!
Superfriendsの塩原先生とSebastian Xの真夏ちゃん。S多い)
↓ ↓
と思って調べてみたらほんまに庵野秀明も細野晴臣も、高橋留美子も皆ファンでした。

…ていうか諸星大二郎ってそんな皆に愛されるMOTOWNみたいな明るい話はあんま書いてやないかい!シオシミ以外はだいたいずっとマーヴィン・ゲイの半生みたいな話やんけ!(ちょっぴり暗いっていう意味ですね)
↓↓
と思ってたのですが、よく考えたら妖怪ハンターってジャンプで連載していたということが発覚。 (というか最近逆にこれこそポップなんじゃないかと思えてきた)


こんな感じに調べれば調べるほど諸星大二郎の偉大さがわかりました。
あの手塚先生も「諸星さんの絵だけは書けない」と言ってはったとか…。
お恥ずかしいですね。 世の中は知らないことだらけです諸星先生。勉強になりました。


さて、実際漫画は超絶面白いです。 もう皆さんご存知の通りほんと面白いんです。

この暗黒神話はヤマトタケル伝説の話で、 小学生の主人公が、自分の父親の変死の謎を追う内に謎の男と共にとある洞窟にたどり着く。。。
みたいな感じなんですが、

重要人物である主人公たけしのお母さんの空気っぷりが半端なかったです。
諸星大二郎面白いわー。全作品集めよー。

さてこれ以上夜更かしするとあんとく様に喰われてしまうので今日はこれくらいでおやすみなさい。

みなでぱらいそさいくだ!

0 件のコメント:

コメントを投稿