2013年9月3日火曜日

Wakin On A Pretty Day

「ちょっくら山篭りしてくるので10日間は連絡がとれません♪」
Facebookを開くと某友人のそんな旨の書き込みが2件目に入った。そういえばこの前も昔の同級生が山寺に篭っていると聞いた。(出家したわけではないらしい)これは流行りなのだろうか。
こんなに周りがするものなの?転職、結婚、出産みたいなものなの?

今までも引き篭もりや外篭もりの話はよく聞いたりはした。
僕はどちらかと言うとインドアーーな人間なので、そちらは割と簡単に理解できる。
というか生活の感じがイメージできる。
例えば自分だったら、時間に縛られずにおっしゃれーでいい感じの映画をぼーっと見たり楽器を弾いたりいい感じの本を読んだり、ちょっと手の込んだ料理をしてみたり、ビールを買って惰眠を貪る、という生活だ。ああ楽しそう。
ほろ酔いながら文体難しめの本を読んで、途中でなにもわからないようになりながら昼寝するのとかたまらなくいい。ああ篭りたい。
ということで引きこもり、外こもりはわかる。

でも篭もるのが山とか寺とかは何というか別次元な気がする。
(そもそも住んでるのが山、とか寺、とかいうテクニカルな話ではなく)もうちょっとサバイバルというか、一気に修行感が増すし。何というか、生活環境を過酷にすることによって、感覚を研ぎ澄ませて、新しい経験を経て、新しい見解を求めてるようなイメージ。
あと長渕がやってそう。

必殺技を修得する為に山に篭もるとかならわかる。
浦飯幽助も霊光波動拳習得してきたし、キン肉マンも筋肉ドライバーを完成させたし、キャプテン翼の日向くんも雷獣シュートを編み出したりしてたし。

僕の友人に格闘家は居ないので恐らくないとは思うが、万が一、今後僕が最大のピンチになった時に「俺もいるぜ!!」と新必殺技を携えて駆けつけてくれてくれることを期待しておこうと思う。

この人らとかは山こもってそう。John Faheyみたいでかっこいい。

0 件のコメント:

コメントを投稿